Logicad(ロジカド)でコンバージョンが計測されない

Logicad(ロジカド)でコンバージョンが計測されない

SONETが運営するDSP、Lgicad(ロジカド)。

目標のCPAに合わせるように運用してもらえるので、よく利用しています。使っているDSPの中では一番費用対効果が出しやすいDSPです。

基本的に作業などは代理店が行わず、SonetのLogicad運用の人が色々やってくれます。

スポンサーリンク

Logicadでコンバージョンが計測されない

Logicadのコンバージョンタグを、GTM(グーグルタグマネージャー)のカスタムHTMLタグ(document writeにチェック)にいれ管理していました。

最初はCVが計測されていたのに、ある日を堺に計測されなくなっていました。

Logicadをクリックしたコンバージョンは、Googleアナリティクスの コンバージョン > コンバージョン経路 から確認することができたので、費用対効果をみる上では問題無いのですが、Logicadの最適化を図るといった点では、このままでは問題ありすぎです。

※Logicadに広告を入稿する際に、UTMパラメーターをつけておく必要があります。

GoogleAnalyticsでカスタム キャンペーンのパラメータを設定する。
GoogleAnalyticsでカスタム キャンペーンのパラメータを設定する。
WEBに、バナー広告やテキスト広告を掲載するときに使うと便利なのがパラメーターです。 このキャンペーンのパラメーターをURLにつけてお...

コンバージョンが計測されなくなった原因を探す

考えられる原因は以下の2つ。

  • グーグルタグマネージャーでタグが発火されていない
  • Logicadでコンバージョンとして指定するURLが異なっている

グーグルタグマネージャーでタグが発火されていない

タグマネージャーでタグが発火されない原因はいくつか考えられます。

  • カスタムHTMLタグで、document writeが有効になってない
  • 発火のルールが間違っている
  • タグやルールの中に中に目に見えない空白が入っている

発火のルールは、プレビューとデバックをOnにして、Chromeで対象のページに行けばどのタグが発火されているかわかります。

タグの中の空白は厄介です。テキストエディタでも見えないことがあります。私が主に利用しているSublimeText3だとこの空白は見ることができませんでした。Branketを利用して見たところ、以下のような赤丸が表示されました。

サブライムテキストやブラウザだと表示されない・・。

sublime

Braketだと小さい赤丸が表示される。この赤丸がやばい

braket

この赤丸は目にも見えないけど、文字列として認識されるようでルールに書いたURLが違うURLと認識されてしまい、発火しなかったケースがあります。

Logicadでコンバージョンとして指定するURLが異なっている

Logicadはタグを読み込ませて終わりではなく、読みこんだあとに、どのURLのリストを作成するか決める必要があります。

そのため、コンバージョンに関してもコンバージョンタグを読み込ませたあとに、どのページ(URL)がCVか決める必要があります。

Logicadログイン > 上メニュー 管理 > 広告主紹介 からこれらの設定を変更することが可能です。

logicad_admin

今回Logicadでコンバージョンが計測されなくなった理由

コンバージョンが計測されなくなったのは、Logicadでコンバージョンとして指定するURLが異なっていた ためでした。

当初設定したURLから、変わってしまっていたのです。基本的にはありえないことですが、アカウントを再発行したもらった際の移行ミスのようです。

現在、なんで変わってしまったのか、問合せ中ですがおそらく人的なエラーだと思います。

スポンサーリンク

シェアする