Analytics Diagnosticsのbeta版が始動したみたい。

Analytics Diagnosticsのbeta版が始動したみたい。

GoogleAnaliticsは企業のWEB担当者にとって無くてはならないツールです。
細かい設定をすることで、欲しいデータを取れるようになります。

しかしながら、その細かい設定がWEB担当者を苦しめます。
管理するサイトの数が多くなればなるほど、設定のミス等起こってきます。

しかもその設定ミスに気づくのは、解析をしようとした時なので、解析が出来ない(正確なデータが取れていない)事があります・・・。

スポンサーリンク

そんなミスを防ぐのが、GoogleAnaliticsの Diagnostics機能です。

こんな感じで、お知らせしてくれます。

まだbeta版で、申請をしないと使えません。下記URLから申請できます。

Analytics Diagnostics beta signup

form

複数のサイトを管理(複数のプロパティ)しており、すべてのプロパティで Diagnostics機能を有効にしたい場合は、3個めの入力項目のYour Analytics Account ID (eg. UA-12345)に、ID を入力すればOKです。カンマで区切って入れていきます。 

例)以下の3つのプロパティに適用したい場合。

UA-******123-1
UA-******123-2
UA-******123-3

UA-******123-1,UA-******123-2,UA-******123-3
このようにカンマで区切ればOKです。

送信が完了して、しばらくすると(2週間位経過しました)下記のメールが送られてきてDiagnostics機能が使えるようになっていました。(現在はもっと早く来るかもしれません。)

mail

スポンサーリンク

シェアする