Google Analytics初心者が覚えておくきべき用語とか。

Google Analytics初心者が覚えておくきべき用語とか。

新人が入ってきて、Google Analyticsの用語を教える機会があったので、そのまとめ。

そもそも、Google Analyticsは2005年にGoogleが買収したUrchin社の技術を利用したもので、原則無料で利用できる低コストで利用できる、アクセス解析ツールの一つです。

上場企業のWEBサイトでは半数以上が利用しているようです。

スポンサーリンク

現在、現行のアナリティクスと、ユニバーサルアナリティクスの2種類があります。

今までのバージョンは下記のような感じです。

  1. ユニーバーサルアナリティクス
  2. 非同期コード(現行のアナリティクス)
  3. 同期コード(現行のアナリティクス)
  4. Urchin.js

現在はユニバーサルアナリティクスが現行になり、2.3はクラッシクアナリティクス等と呼ばれています。2014-08-09

ユニーバーサルアナリティクスコード

 非同期コード

 同期コード

Urchin.js

ユニーバーサルアナリティクスより前のバージョンは2016年までは稼働するとのこと。
なので、おすすめは現行のものと、ユニバーサルアナリティクスを一緒に設置です。

Google Analyticsの仕組み

解析方法には、サーバー側で常にログを貯めるログ型、アクセス状況状況を都度都度、外部サーバーに送信するビーコン型があるが、Google Analyticsは後者のビーコン型。

ビーコン型は設置は容易だが、計測できないケースがある。

例えば、Google Analyticsのコードが読み込まれる前にページを閉じられたり、Google AnalyticsOptoutといった拡張機能を入れたブラウザを使用や、クッキーをOFFにしたりすると、計測ができない。

一方サーバー型はすべてのアクセス状況を計測できるが、データが膨大になり解析が難しい。

Google Analyticsが使用しているクッキーは、ファーストパーティクッキーと言われるもので、アクセスしているドメインからのみデータが送信されます。そのため、複数のドメインをまたぐサイトの場合、別途クロスドメインの設定が必要になる。

※ユニーバーサルアナリティクスになり、クロスドメインの設定は本当に簡単になりました。

Google Analyticsで出てくる用語

Visit(ビジット数、セッション数)

サイトに何回訪問したか。30分以内のページの行き来であれば1セッションになる。30分経過して、またサイトに入ったた+1セッション。ただし、30分以内であっても、違うリンク元から来た場合は+1セッションになります。

PV(ページビュー数)

何回ページを見たか

UU(ユニークユーザー)

何人来たか(正確には何ブラウザ来たかです)2年間でこの期限は切れます、つまり、2年後に再訪問すれば新規で+1です。訪問すると、期限が2年間にリセットされます。

実際の例を見ていきます。

GA

上の場合だと、1UU、6PV、1セッション です。

GA2

Page2で△△△.comのサイトに行って、☓☓☓.comへのリンクをクリックして☓☓☓.comへ戻ってきた場合。この場合は、1UU、6PV、2セッションになります。

GA3

Page2で30分以上動かず(ブラウザの再読み込みも無し)、そのごPage3~を移動した場合。この場合は、1UU、6PV、2セッションになります。

スポンサーリンク

シェアする