グーグルアナリティクスに費用データをインポート

グーグルアナリティクスに費用データをインポート

グーグルアナリティクスにAPIを経由しなくても、グーグルアナリティクスの管理画面からインポートできるようになりました!

これで、様々なWEB広告の費用対効果をアナリティクス上で確認できる様になります。

今回はYahoo!プロモーション広告の費用を、アナリティクスにインポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

費用データをインポートする方法

アナリティクスの設定 > アナリティクスのプロパティ > データのインポート

データ費用をインポート

データのセット

費用データのインポート2

新しいデータのセットをクリック

費用データのインポート3

データのタイプをセットします。今回はYahooのリスティングの費用をインポートするので費用データにチェックし、次のステップへ。

費用データのインポート4

名前は任意でOK 今回はYahooにしました。
インポートしたデータを反映するビューを選択します。

次のステップへ。

データセット スキーマを埋めていきます。

費用データのインポート5

①と②は先ほど設定したものが表示されています。

③メディアと参照元はデフォルトで必要なようです。

今回費用をインポートするYahooリスティングでは、パラメーター参照元 Yahoo メディア cpc を設定しています。

パラメーターの設定方法はこちら。

④クリック 費用 表示回数 を選択することが可能です。

今回はすべて選択します。

⑤下記の内容を選択可能です。

  • AdWords キャンペーン ID
  • AdWords の基準 ID
  • キーワード
  • キャンペーン
  • 一致した検索語句
  • 広告グループ
  • 広告スロット
  • 広告スロット位置
  • 広告のコンテンツ
  • 表示 URL
  • 参照 URL

今回はキャンペーンを選択します。

⑥インポートの処理方法を選択します。

合計か上書きが選択可能です。今回は上書きを選択します。

インポートしたデータは後で削除も可能です。削除すれば元々のデータにもどるので上書きをしていても大丈夫です。

⑦スキーマの取得は一度⑧の完了を押してから可能です。

スキーマの取得(データのインポート6)

スキーマの取得からは、アップロードするためのファイルのテンプレートのダウンロードが出来ます。

今回作成したスキーマのテンプレがこちら。

下記のようになっています。

ga:date ga:medium ga:source ga:adCost ga:adClicks ga:impressions ga:campaign
20140703 cpc Yahoo 932 13 1262 A01_brand
  • ga:date 日付 YYYYMMDD形式
  • ga:medium メディア
  • ga:source 参照元
  • ga:adCost 費用
  • ga:adClicks クリック数
  • ga:impressions 表示回数
  • ga:campaign キャンペーン名

2014年8月2日段階では、CSVファイルに日本語を記載するとエラーになってしまいます。

2014年11月1日にためしたら、UTF-8に変更してUPすれば問題無く処理されました\(^o^)/

作成したファイルのインポート

費用データのインポート7

データのセット画面から、アップロードを管理をクリックします。

費用データのインポート8

ファイルをアップロードを選択し、先ほど作成したファイルをアップロードすれば、データのインポートが完了です。

削除をすれば、インポートする前のデータに戻ります。

あとは、グーグルアナリティクスのメニューから確認できます。

左側のメニュー 集客 > コスト分析 から確認ができます。

スポンサーリンク

シェアする