WebminをアップデートしたらWebminが起動しない。

サーバー
スポンサーリンク

Webminをアップデートした後に、サーバーを再起動させたら、Webminが起動しない。そのため、Webminの管理画面にも入れない。

えっ、もう帰りたいのに・・・・。すでに22時過ぎ。

Webminが起動しなくても困らないちゃー困らないので、ほっといても良いのですが気持ち悪いので原因を探してみます。

Webmin起動しない、で調べてみると、起動しない事もあるみたいですね。

スポンサーリンク

Webminが起動しなくなった理由

よく書かれているのが、Perlがインストールされていないという件だけど、元々起動していたのでこの件は無さそうですね。

一応Perlがインストールされているかの確認

[root@]# perl --version

This is perl, v5.10.1 (*) built for x86_64-linux-thread-multi

Copyright 1987-2009, Larry Wall

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl".  If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.

5.10.1がインストールされてますね。

次に書かれていたのが、プロセスが貯まってて処理できていない状態で、起動出来無い事があるとのこと。

まずは、webminを停止させます。

# /etc/init.d/webmin stop

そして、次にWebminのプロセスがまだ動いているか確認します。

# ps auxw | grep miniserv | grep webmin

ここで動いていているプロセスを片っ端から、killします。(1625番のプロセスが動いてた場合)

# kill -9 1625

そして、Webminを再起動。

# /etc/init.d/webmin start

これで、起動出来たって!って人もいたんだけど、私は起動できないみたい・・・。

とりあえず、設定ファイルを確認してみます。

# vim /etc/webmin/miniserv.conf

ん、消えてる・・・。ファイルの中身が何もない・・・・。

これっぽいな。ということで、以前とっておいたバックUPファイルの中身を展開して、再起動。

無事にWebminが起動しました。

結論:起動しなくなったら、とりあえず設定ファイルから見よう。

タイトルとURLをコピーしました