エックスサーバーで独自SSLが無料で使えるようになったので、WordPressでhttps化までの流れ。

エックスサーバーで独自SSLが無料で使えるようになったので、WordPressでhttps化までの流れ。

エックスサーバーがついにやってくれました、SSL無料化。

今までも、年間1,000円くらいで独自SSLが利用できていたXサーバーですが、2016/06/30ついに独自SSLが無料で使えるようになりました。

認証局はLet’s Encrypt という無料でSSL認証を行えるものを利用しています。

VPSとか利用していてSSLにお金を掛けたくない場合にLet’s Encryptを利用していましたが、レンタルサーバーで利用できるよう(しかもクリックのみで簡単)にしてくれる、Xサーバーはスゴイです。

GoogleがhttpsされているかされていないかをSEOのシグナルとして扱うと述べていますし、SSLが無料となれば導入しない理由が無いでしょう。

そこで、今回はXサーバ−で無料独自SSLの設定と、WordPress側でのSSL設定(https化)方法を書いていきます。

スポンサーリンク

Xサーバーで無料独自SSLの設定

まずは、Xサーバーにログインします。

ログインしたら、右側のドメインカテゴリーのSSL設定をクリックします。

XサーバーでSSL設定

SSLを利用するドメインを選択します。今回はliapoc.com に使用する前提で進めていきます。

XサーバーでSSL設定方法2

独自SSL設定の追加タブをクリックします。

SSLを導入するサイトを選択し、独自SSL設定を追加する をクリックします。

CSR情報を入力するにチェックを入れると、サーバー情報に入力が出来ます。
デフォルトではXサーバー社の内容になっています。多分そのままでも問題無いと思います。

対象ドメインが、www.liapoc.com となっていますが、liapoc.com でも使用できます。

XサーバーでSSLを追加するドメインを選択

Xサーバー側の設定は以上で完了です。

設定が完了するまでに最大1時間かかりますので、1時間経過したら、次のステップに進みましょう。

WordPress側でのSSL(https)設定

対象のWordPressにログインし、左メニューの設定 >一般設定 をクリックします。

一般設定に進んだら、WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレスを(URL)を http:// から https:// へ変更します。

WordPress側でのSSL設定

もし、httpsにしたことで管理画面にログインでき無くなった場合は、wp-config.php にアクセスし、下記の記述を行えば http:// でのログインに変わります。

にdefine( ‘WP_SITEURL’, ‘https://liapoc.com’ );

SSLにエラーが無いかChromeで確認

Chromeで対象のサイトにアクセス後に、右クリック > 検証 > Securtyタブをクリック

下のようになっていればOKです。

Chromeのセキュリティタブで確認

もし以下の様になっていたら、SSLが上手く機能していません。NGの理由がバツになっている箇所です。https でないコンテンツを読み込んでいるのが原因のようです。

Xサーバーの無料独自SSLを利用した際にSSLエラーになるのは、このActive Mixed Content の箇所だと思います。

SSLがエラーになっている

httpsで無いコンテンツを書き換える

私のサイトでは、以下の3つがhttpで読み込まれていたためhttpsの判定がNGになっていました。

1 cssで読み込む画像

2 固定ページ内やウィジェットでの自社サイトの画像リンク

3 アマゾンなどのアフェリエイトタグ

1はCSSを開いてすぐに修正可能だと思います。
2、3は投稿記事の量によりますが、手動で修正するのは中々骨の折れる作業量になります。

そこで、プラグインを利用して一括で変更することをおすすめします。

「Search Regex」で上記項目を一括で変更

Search Regex」プラグインをインストールしたら、ツール > Search Regex をクリックします。

使い方は、例えば1の画像リンクの場合は、以下のように入力します。

Search pattern に置換対象の文字列を入れます。Replace patternには置換後の文字列をいれます。Source 部分はPost ○○ となっている項目を全部行えばOKです。おそらく5個あると思うので、5回以下の作業行うことになります。

Replace & Save を押せば一瞬で完了します。置換対象を確認したい場合は、Replace のみのボタンを押して確認しましょう。

Search Regex

.htaccessを利用して強制的にhttpsへリダイレクト

上記のWordPress側の設定だけでもほとんどOKなのですが、念のためhttpでアクセスのあったものはhttpsへリダイレクトされるように.htaccessへ記載しておきます。以下の記述を、.htaccessへしておけばOKです。

上記の詳しい説明は下記のページから確認できます。

.htaccessでhttpからhttpsへ301リダイレクト
.htaccessでhttpからhttpsへ301リダイレクト
2014年8月7日にGoogleがHttpsをSEOの評価項目にすると発表しました。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: H...
スポンサーリンク

シェアする