yumでWebminインストール。ブラウザからサーバーを楽に管理する。

webmin

サーバーをブラウザ経由でしかも(GUI)で操作できるようになるのが、Webmin(ウェブミン)です。

ターミナルやTera Termでコマンドが使えなくても、これ入れとけばある程度のことはできちゃいます。

スポンサーリンク

yumでインストールする手順

リポリジの設定ファイルを作成し、

インストールを実行。

 webminのスタートと、自動起動の設定。

IPアドレス:10000 でroot・rootのPasswordでログインできます。

Webmin日本語化

左メニューのWebmin > Webmin 設定 > 右のアイコンのLanguageをクリック > プルダウンメニューからJapanese (JA_JP.UTF-8)を選択。

webmin

SSLを設定

ブラウザとサーバー間でやり取りされる情報が、デフォルトだと暗号化されていないため暗号化します。

左メニューのWebmin > Webmin 設定 > 右のSSL 暗号化をクリック。

可能であればSSLを使用可能にしますか?を はい、を選択し、保存。

SSL設定

保存が終わったら、URLをhttps://IPアドレス:10000にして入力。

そうすると、下記のような画面になります。仰々しいですが、気にせずこのまま続けるでOKです。

エラー画面

SSL通信は行っているけど、このSSLを行っている人(発行元)は、登録されていないけど良い?って聞かれていると思ってください。

webminにアクセスできるIPアドレスを制限する

このままだと、どこからでもWebminにアクセスできてしまうので、アクセスできるIPアドレスを指定します。

左メニューのWebmin > Webmin 設定 > IP アドレスのアクセス制御をクリックして、現在使用しているIPアドレスを指定(固定IPアドレスの方に限ります。)

参考にさせて頂いたサイト

Webmin
スポンサーリンク

シェアする