Gmail広告(Gmailを利用するユーザーに広告配信)3Stepで簡単配信

以前紹介した、Gmail Sponsored Promotions が2015/9/1から通常のアドワーズ管理画面から作成できるようになりました!

また、GSP(Gmail Sponsored Promotions)という分かり辛い名称はやめ、Gmail広告と呼ぶようです。

そんなGmail広告の設定方法を書いていきます。

スポンサーリンク

Gmail広告作成方法

Step1:キャンペーンの作成

Step2:広告グループの作成

Step3:広告の作成

と3Stepで完了します!

通常のディスプレイ広告を作成する手順で進めて、Step2のプレースメントでmail.google.comを選択すればOKです。

では、細かく見ていきます。

Gmail広告 Step:1 キャンペーンの作成

キャンペーンを選択し、ディスプレイネットワークのみを選択。

キャンペーン名は任意の名称でOK。

マーケティング目標なしを選択。すべての機能にチェック

地域は必要に応じて設定

一日の予算を設定

Gmail広告 Step:2 グループの作成

広告グループ名は任意の名称でOK

プレースメントを選択

プレースメント候補を検索部分に、mail.google.com と入力

候補があがってくるので、mail.google.com だけ選択

保存を押して次のステップへ

Gmail広告 Step3:広告の作成

広告作成画面を一旦キャンセルします。

GSP5

キャンセル後に、先ほど作成したGmail広告のキャンペーン > 広告グループを表示します。

広告タブを選択して、広告を作成します。

作成の際に、広告テンプレートを選びます。

Gmail広告のテンプレートを選択します。

Gmail広告には4種類のテンプレートが存在します。

Gmailの画像テンプレート

特徴:強い視覚的インパクトを与える
推奨ケース:行動を促すフレーズが1種類

Gmailのシングルプロモーション

特徴:トップ商品への強調
推奨ケース:ユーザーへの情報提供

Gmailのマルチ商品テンプレート

特徴:商品やサービスの多様性をアピール
推奨ケース:複数のビジネスにわたってエンゲージメントや売上を促進

GmailカスタムHTMLテンプレート

以前紹介したGmai広告はカスタムHTMLのみでした。以前のものをそのまま使いたい場合はこちらを選択

Gmail広告 シングルプロモーションを作成する場合

下記のようなテンプレートが表示されるので、埋めていくだけで完成します。

カスタムhtmlだと好みのレイアウトやフォントサイズ・色を付けられるので、余裕がある人はカスタムhtmlの方が良いかもしれません。

Gmail広告は他のディスプレイ広告と同様のターゲティングが可能

Gmail広告は配信先がGmailというだけで、ターゲティングは他のディスプレイ広告と同様に設定が可能です。

リマーケティングと、購買意向の強いユーザー層向けのターゲット設定は出来ません。

Gmail 広告について – AdWords ヘルプ

スポンサーリンク

シェアする