Gmail広告(Gmail Sponsored Promotions GSP)を利用するには

Gmail広告(Gmail Sponsored Promotions GSP)を利用するには
スポンサーリンク

Gmail広告 (Gmail Sponsored Promotions【GSP】)とは

受信トレイのプロモーションタブに広告を表示できます。

広告のリンク先では、Gmailのサイト上でページが開きます。

ページはHtmlとCssで作成した広告が表示されます。

ページ上では動画を配信したり、情報入力フォームを入れたり、複数のUrlを指定することも可能になります。

2015年9月1日より、通常のアドワーズ管理画面から設定できるようになりました!
すごく簡単に広告作成が可能です。

Gmail広告(Gmailを利用するユーザーに広告配信)3Stepで簡単配信
Gmail広告(Gmailを利用するユーザーに広告配信)3Stepで簡単配信
以前紹介した、Gmail Sponsored Promotions が2015/9/1から通常のアドワーズ管理画面から作成できるようになりました! また、GSP(Gmail Sponsored Promotions)という分かり辛い名称はやめ、Gmail広告と呼ぶようです。 そんなGmail広告の設定方法を書いていきます。

Gmail広告用のキャンペーンの作成

Gmail広告を利用するには、Googleの担当者に連絡をして以下のことを行ってもらいます。

  • アカウントの作成
  • 支払い情報の設定
  • キャンペーンの設定

ターゲットの設定

ターゲットの設定は、通所のGDNのにあるものに加え、ドメインというものが存在します。

ターゲット設定 広告配信対象
ドメイン 指定したドメインに関連するユーザー(指定したドメインからメールを受取っている)
キーワード メール内に指定したキーワードを含むユーザー
ユーザーの
インタレストカテゴリ
指定した分野に関心をもつユーザー
職業 指定した職業に属するユーザー
年齢 指定した、年齢のユーザー
性別 指定した性別のユーザー
商品購入 指定した購入履歴を持つユーザー

クリエイティブの作成

必要な物は、下記の6点です。

  • teaser.gif(png、jpgでもOK)
  • teaser.txt
  • preview.gif(png、jpgでもOK)
  • index.html
  • imagesフォルダ
  • 画像ファイル

今回作成したGmail広告(GSP広告)ファイル一式。

GSP_Creative

ダウンロード出来ない場合は、右クリックでファイルを保存で対応してくださいm(__)m

teaser.gif

メールの頭のところに表示される、アイコンです。

teaser.txt

メールに表示される文章(タイトル)です。

preview.gif(png、jpgでもOK)

メール式ではなく、タイル式で表示された時に利用します。
下記のような感じです。

Field_Trial

オフィシャルのGmailブログから抜粋

index.html

広告をクリックした時に表示されるページです。イメージとしてはHtmlメールを作成する感じです。

Cssはインラインで記述します。画像に関しては絶対パスではなく相対パスなります。

imagesフォルダ

index.htmlに表示する画像ファイルを格納するフォルダです。

画像ファイル

index.htmlに表示する画像たちです。

広告の作成ですが、広告はteaser.gif、teaser.txt、preview.gifで構成します。

では、細かく見ていきます。

teaser.gif

サイズは最大144px×144pxで作成します。

teaser.txt

teaser.txtは下記の4つで構成します。

Sender:15文字(半角)

Subject:25文字(半角)

Body:100文字(半角)

Url:25文字(半角)

日本語の場合全角なので、上記の半分の長さで考えます。

preview.gif(png、jpgでもOK)

最大580x400pxとのこと

index.html

最大幅は650pxで固定。高さは無限に設定できるけど、推奨は650px以下とのこと。

ジャバスクリプトは、インライン、外部リンクともにNG

スタイルシートもNG(インラインで記述)

Flash, HTML5, Audio, iFrames or animated images はNG

Cssはサポートしていないのもある

基本的には、Htmlメールを作成した際のテンプレを使ってやれば、簡単ぽい。
サポートされてないCSSは次のバリデーションで削除されるので、削除された状態をみながら調整すれば時間短縮。

作成完了したら、入稿規定通りか確認。

作成したものが入稿規定をみたしているか、下記のUrlから確認可能。
https://www.google.com/ads/gsp/creative/

また、作成も上記のサイトから可能です。

Creative Validation

作成したものをzip形式でまとめてUPすると、バリデーションしてくれます。

問題がある箇所は下記のように、Alertが出ます。

Creative Validation

問題がある箇所が細かく指摘されるので、直せばOK。

バリデーションツールで、広告のプレビューも可能です。

メールの場合
gsp

タイル形式の場合
gsp

広告をクリックされたら、開かれるページも確認できます。

gsp

gsp

スポンサーリンク

シェアする