GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスを利用し、ダウンロードされたファイルを計測

GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスを利用し、ダウンロードされたファイルを計測

3年以上前に、Googleタグマネージャーを利用してダウンロードされたファイルの計測方法を書きました。

新しいGoogleタグマネージャー(以下GTM)になって、当時よりも簡単に設定できるようになったので、最新の方法を備忘録的に書いていきます。

スポンサーリンク

必要なタグたちは以下のとおりです。

1:クリックされたURLを取得する変数

2:ファイルがダウンロード(クリック)された際に発火するトリガー

3:1で取得した情報を、2の発火タイミングでGoogleアナリティクスにデータを送るタグ

まずは、クリックされたURLを取得する変数を作成します。

クリックされたURLを取得する変数

昔はlistnerなど必要でしたが、新しいGTMでは組み込み変数という形で、クリックされたURLを取得する変数が、すでに用意されています。

変左メニューの変数をクリックし、組み込み変数の設定ボタンをクリックします。

クリックされたURLを取得する変数

右側から、以下のチェックボックが出てくるので、必要な変数にチェックを入れます。

必要な変数は、「Click URL」「Page URL」です。

以下のチェックボックが出てくるので、必要な変数にチェックを入れます。

ファイルがダウンロードされた際に発火するトリガー

ファイルがダウンロードされた際に、発火するトリガーを作成します。

実際にはダウンロードを感知するのではなく、指定の拡張子が入ったURLがクリックされた際に発火するトリガーです。

ファイルがダウンロードされた際に発火するトリガー

トリガーの名前:任意 ここでは、「Event Download」

トリガーの種類: 「クリック-リンクのみ」

タグの配信を待つ: チェック  1000ミリ秒

トリガーを有効化: 「Page URL」 「正規表現に一致」 「.*」

トリガーの発生場所: 「一部のリンククリック」

トリガー配信: 「Click URL」 「正規表現に一致」 「.*(pdf|zip|jpe?g|png|gif|mp\d?|mpe?g|flv|wmv|docx?|pptx?|xlsx?)(\?.*)?$」

トリガー配信部分で、以下のような正規表現で、拡張子を指定しています。

.*(pdf|zip|jpe?g|png|gif|mp\d?|mpe?g|flv|wmv|docx?|pptx?|xlsx?)(\?.*)?$

画像のクリックも計測してしまうので、外したい場合は、jpe?g|png|gif を下記のように削除すればOKです。

.*(pdf|zip|mp\d?|mpe?g|flv|wmv|docx?|pptx?|xlsx?)(\?.*)?$

Googleアナリティクスにデータを送るタグ

タグを作成で、ユニバーサルアナリティクスを選択

Googleアナリティクスにデータを送るタグ

トラッキングID:GoogleアナリティクスのUA-から始まるIDをUAから記入

トラッキングタイプ:イベント

カテゴリ:任意 ファイルダウンロードだとわかるように、ここではDownload

アクション:右側のレゴみたいボタンをクリックし、1で作成した「Click URL」を選択

ラベル:右側のレゴみたいボタンをクリックし、1で作成した「Page URL」を選択

非インタラクションヒット:偽

非インタラクションヒットを「真」にしておくと、ファイルダウンロードがされてもGoogleアナリティクスの直帰に影響を与えません。逆に「偽」とすることで、ファイルダウンロードがされれば、そのユーザーは「直帰」扱いになりません。

Googleアナリティクスにデータを送るタグのトリガー設定

トリガーは、2で作成した「Event Download」を設定すれば完了です。

スポンサーリンク

シェアする