Yahooプロモーション広告でURLオプションを利用して、GoogleAnalyticsでもYahooプロモーションの結果を見れるようにする

Yahooプロモーション広告でURLオプションを利用して、GoogleAnalyticsでもYahooプロモーションの結果を見れるようにする

GoogleAnalyticsでYahooプロモーションの結果を見る方法ですが、これは以前書いた、utmパラメーターを広告のリンク先urlへ実装することで可能です。

【これで完璧理解】GoogleアナリティクスのUTMパラメータ
社内でUTM パラメータに関し理解があまりされていないため(Web担当者ではなく、営業チームへの説明なので当たり前だと思いますが、、、)、週...

この方法だと広告1つ1つに以下のようなパラメータを実装する必要があります。

utm_source=yahoo
utm_medium=cpc
utm_campaign=キャンペーン名
utm_content=広告グループ
utm_term=キーワード

今回はURLオプションを利用して簡単に、上記のutmパラメータを実装出来る方法です。この方法であれば、スポンサードサーチのキーワードが取得できるようにも なります。

URLオプションを利用した方法

アカウントでの設定

アカウント設定情報 > その他の情報 > URLオプション へ進みます。

トラッキングURLに以下を記載します。

{lpurl} には、広告で指定する最終リンク先URL が自動で入ります。

キャンペーンでの設定

キャンペーンのオプションURLでは、カスタムパラメータの項目に「utmCampaign」を入力します。トラッキングURLは空欄で構いません。

これで、アカウントの時に入力した {_utmCampaign} を 置き換える任意の値に置き換えることが可能です。

キャンペーン名を日本語にしたい場合、utf-8でエンコードをしておきましょう。

参考 URL エンコード

広告グループでの設定

広告グループのURLオプションでは、カスタムパラメータの項目に「adGroupID」を入力します。トラッキングURLは空欄で構いません。

これで、アカウントの時に入力した {_adGroupID} を 置き換える任意の値に置き換えることが可能です。

以上で、GoogleAnalyticsへの対応が完了です。

{keyword}はどうなった?

{keyword}にはYahooプロモーションへ入稿したキーワードが自動挿入されます。
検索クエリではない点が注意です。

あとは、Yahooプロモーション広告の費用データ等を、GoogleAnalyticsへインポートすれば、GoogleAnalyticsを見るだけで、Yahoo、Adwordsの効果を1画面で見れるようになりますね。

グーグルアナリティクスに費用データをインポート
グーグルアナリティクスにAPIを経由しなくても、グーグルアナリティクスの管理画面からインポートできるようになりました! これで...

役に立ったと思ったらクリック

フォローする