wpX(レンタルサーバー)が処理できるPV数

wpX(レンタルサーバー)が処理できるPV数

WordPressに特化しているレンタルサーバー、wpXだが実際どれくらいのPVに耐えられるのか書きたいと思う。

スポンサーリンク

wpXレンタルサーバーの処理能力

月間200万PVなら、CPU使用率になるが無事にさばけている。

この状態で503も出していないのだから素晴らしいサーバーとしか言いようが無い。

wpxサーバー

しかも、月額1200円なので、AWSでサーバー作って、草薙や網元を導入するよりも簡単で安い。

しかしながら、上記の状態で運用しているのも精神衛生上良くない(MAXでCPU2000%とかいってるし)ので、移動をすることにした。

wpXレンタルサーバーから、wpXクラウドサーバーへ移動

wpXで月間、200万PVを処理するために行った事

画像だけCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)経由にしたくらいで、後はwpXの初期設定のまま。キャッシュ系のプラグインも利用していない。(元々wpX側でキャッシュ系の処理を行っている)

CDNの利用方法は簡単だ、「Jetpack」というプラグインをインストールし、「Photon」をONにすれば終了だ。

これで、転送量を抑えることがでる。

jetpackでCDN

スポンサーリンク

シェアする