Googleフォーム自動返信で、送信元のアドレスを自由設定

スポンサーリンク
Googleフォーム
スポンサーリンク

前回Googleフォームを利用した、自動返信メールを記事を記載しました。

【最新版 コピペでOK】Googelフォームを使って自動返信の問合せフォームを作る。
Googleフォームが新しくなったので、作成方法を新しく作成しなおしました。 今回は下記のようなフォームを作成します。 まずは、問合せフォームに必要なもの。 以下の3つがGoogleフォームで自動返信を行う際に必要...

この方法だと、送信元のアドレスがscriptを作成した人のGmailアカウントになってしまいます。

この送信アドレスを自由に変更する方法を、今回は記載します。

Gmailで他のアドレスでメールを送信できるようにするのと、前回と同じスクリプトに少し手を加えればOKです。

スポンサーリンク

Gmailで他のアドレスでメールを送信できるようにする

Gmailで他のアドレスでメールを送信できるようにする

 

1:設定をクリック

2:アカウントとインポートを選択

3:他のメールアドレスを追加

以下の画面が出るので、送信アドレスにしたいメールアドレスを記入

※自分が管理しているメールアドレスを入力します。

 

入力すると、記入したメールアドレスに パスコード と 承認用URLが記載されたメールが届きます。パスコードを入力してか、承認用URLをクリックすれば準備完了です。

以前のスクリプトに少し修正を加えればOKです。基本的には以下をコピペして 貰えればOKです。

function sendMailGoogleForm() {
 Logger.log('sendMailGoogleForm() debug start');

 //------------------------------------------------------------
 // 設定エリアここから
 //------------------------------------------------------------

 // 件名、本文、フッター
 var subject = "[お問い合わせありがとうございます。]"; 
 var body
 = "お問い合わせありがとうございます。\n\n"
 + "------------------------------------------------------------\n";
 var footer
 = "------------------------------------------------------------\n\n"
 + "後ほど担当者よりご連絡させていただきます。";

 // 入力カラム名の指定
 var NAME_COL_NAME = '名前';
 var MAIL_COL_NAME = 'メールアドレス';


 // メール送信先
 var admin_name ="liapoc運営者";//送信メールの名前 
 var admin = "admin@example.com"; // 先程作成したアドレスに書換
 var bcc = admin;// bccがいらない場合は、adminを""に書換
 var reply = admin;
 var to = ""; // To: (入力者のアドレスが自動で入ります)

 

 // 送信先オプション
 var options = {};
 if ( admin_name ) options.name = admin_name;
 if ( bcc ) options.bcc = bcc;
 if ( reply ) options.replyTo = reply;
 
 
 //------------------------------------------------------------
 // 設定エリアここまで
 //------------------------------------------------------------

 try{
 // スプレッドシートの操作
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var rows = sheet.getLastRow();
 var cols = sheet.getLastColumn();
 var rg = sheet.getDataRange();
 Logger.log("rows="+rows+" cols="+cols);

 // メール件名・本文作成と送信先メールアドレス取得
 for (var i = 1; i <= cols; i++ ) {
 var col_name = rg.getCell(1, i).getValue(); // カラム名
 var col_value = rg.getCell(rows, i).getValue(); // 入力値
 body += "【"+col_name+"】\n";
 body += col_value + "\n\n";
 if ( col_name === NAME_COL_NAME ) {
 body = col_value+" 様\n\n"+body;
 }
 if ( col_name === MAIL_COL_NAME ) {
 to = col_value;
 }
 }
 body += footer;


 // メール送信
 if ( to ) {
 /* メールを送信 */
 GmailApp.sendEmail(
 to, //toアドレス
 subject, //表題
 body, //本文
 {
 from: admin, //fromアドレス
 name: admin_name //差出人
 }
 ); 
}else{
 MailApp.sendEmail(admin, "【失敗】Googleフォームにメールアドレスが指定されていません", body);
 }
 }catch(e){
 MailApp.sendEmail(admin, "【失敗】Googleフォームからメール送信中にエラーが発生", e.message);
 } 
}

 

上のコードの、var admin = “admin@example.com” に、1で作成設定したアドレスを記載すればOKです。

var admin_name =”liapoc運営者” は好きな名前に変更してOKです。