Googleフォーム自動返信で送信アカウントを変える方法

Googleフォーム自動返信で送信アカウントを変える方法

2018年2月18日Googleフォーム

退職をする方のGoogleドライブに入っているファイルは、すべて他のユーザーへ譲渡しました。

しかしながら、Googleフォームの自動返信がいまだに、退職者のアカウントからの返信になっていました。

参考Googleフォームを利用した自動返信方法

新しいユーザーで配信トリガーを作成

原因は送信用のスクリプトを発動するトリガーの許可をしているのが私のアカウントだったためです。

解決方法は送信したいアカウントから、Spreadsheet スクリプトエディター トリガー を設定すればOKです。

トリガーをクリック

配信のタイミングを設定

配信のタイミングを設定

 

承認を確認

承認を確認

スクリプトからのりクエストを許可

スクリプトからのりクエストを許可

PR

過去のアカウントは、配信トリガーを外しておく

このままだと送信のスクリプトを発動させるアカウントが2つ(退職者のアカウント、今回新たに設定したアカウント)になるので、退職者のアカウントからアクセスして、トリガーの発動を外しておきます。