Googleアナリティクス フィルタを利用して参照元を書き換える

Googleアナリティクス フィルタを利用して参照元を書き換える

以前、リスティングなどのWeb広告を利用するにはパラメーターをつけましょうねって書いたんですが、その時にYahooプロモーションを利用した際のパラメーターを例に出して書きました。

yahooとすべきところをYahooにしてる

GoogleアナリティクスはYahooからの自然検索の場合、参照元はyahooなんですよね。

Yahooではなくて。

このため、Googleアナリティクスのお知らせで注意されました。

パラメーターかぶってますよ。

Yahooとyahooでマージしたら?

こんな感じて、Yahooとyahooが大文字小文字で違う参照元として収集されていますよとのことでした。

私だけしか見ないので、cpcはYahooってなってるんでしょ、と理解できれば問題なかったのですが外部の方に見せる機会がありそうなので、修正することにしました。

スポンサーリンク

アナリティクスの参照元の修正方法は非常に簡単です。

フィルタを利用しての修正

上メニュー アナリティクス設定 > 対象のビューを選択 > フィルタを選択

フィルタ名

フィルタ名はあとで見て何のフィルタか分かるような名称で。

フィルタの種類

カスタム > 検索/置換 を選択

フィルタフィールド

キャンペーンのソースを選択

検索文字列

^Yahoo$ と入力

^は行の先頭 $ は行末を意味します。これで、Yahooの前に何らかの文字がついていてもマッチしませんし、Yahooの後ろについていてもマッチしません。mail.Yahooもマッチしませんし、Yahoo.co.jpにもマッチしません。純粋に、Yahooという参照元だけにマッチします。

って書いてて思ったのが、そもそもYahooって大文字自体なさそうなので、Yahoo だけでも良かった気がします。

文字列の置換

yahoo と入力

これで、参照元のYahooがyahooに置換わります。

以上で終わりです。

フィルタは元のデータを書換えてしまうので注意が必要です。書換える前に、このフィルタを確認するを押して、作成したフィルタがGAのデータにどのような影響をあたえるのか必ず確認しましょう。

ってGoogleヘルプにも書いてありました。
フィルタを確認する – アナリティクス ヘルプ

ちなみに、このフィルタを適用しても過去のデータには適用されません。今後収集するデータが書き換わります。インポートするデータも上書きされますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする