URLを取得し、strstr()を使い、出力するタグの管理。タグマネージャーの代わり。

URLを取得し、strstr()を使い、出力するタグの管理。タグマネージャーの代わり。

Googleタグマネージャーだと読み込めないタグがあったので、他のでやることにしました。
今はyahooタグマネージャー(YTM)もあるので、YTMも併用すればOKでした。

というか、すべてGoogleタグマネージャーでできるようになってました。(2014-03-31)

phpでIncludeファイルを</body>の前に挿入します。

そのIncludeしたファイルの中に、URLをみてタグの出力を管理させるコードを書いていきます。

URLの取得は、以下の様に。

取得したURLに、strstr()を使い、指定のURLが入っているか確認します。
判定結果に基づいて、ifで条件分岐で書いていきます。

今回はタグだけなので、echoだけで書いても良いのですが、書きだされたソースが綺麗になるように改行もしていきたいと思います。

改行の際、改行コード(\n”;)を入れないと行けないので少々面倒くさいです。

そこで、ヒアドキュメントという形式で書いていきます。改行コードを(\n) を入れなくても改行が反映され、ダブルクォートやシングルクォートのエスケープも考えなくてOKです。

書き方は簡単。以下のように書けばOK。

スポンサーリンク

実際の使用例。

例)example.com のコンバージョン対象ページに、CVタグと、全ページにリマーケティングタグを入れる場合。

 参考にさせて頂いたサイト

PHP 文字列の一致や、文字列を含むかどうかを判定 | the Saibase
スポンサーリンク

シェアする