【簡単】WordPressで作成したサイトを、違うサーバーへ引っ越しする。

【簡単】WordPressで作成したサイトを、違うサーバーへ引っ越しする。

WordPressで作成したサイトを、違うサーバーへ移動する方法です。

※ドメインも同じ場合です。ドメインが違うWordPressに引っ越し方法はこちら

スポンサーリンク

WordPressの引っ越しの、大まかな手順は以下。

1:既存サイトのファイルをダウンロード。

2:既存サイトのデータベース内容をダウンロード。

3:1のファイルを新規サーバーにUP

4:wp-config.phpの書換

5:2のファイルを新規データベースにインポート。

1:既存サイトのファイルをダウンロード。

現在のサイトが入ってディレクトリごとダウンロードします。

zipで圧縮して、ダウンロードすれば比較的早くダウンロードできます。

SSHが使えればコマンドからでOKですが、できない場合は下記のコードをphpファイルで保存します。

そのphpファイルを圧縮したいディレクトリ(ファイル)がある階層にUPして、そのファイル(ページ)にブラウザからアクセスすればOKです。

phpファイルにアクセスするだけで、対象のディレクトリが一括でzip圧縮されます。

FTPで保存先のディレクトリにアクセスすると、zipFile.zipが出来上がっていると思います。

今回は指定のディレクトリが、/var/wwww/public_html/sample だとします。
★が付いている部分の項目を書き換えます。

2:既存サイトのデータベース内容をダウンロード。

ワードプレスお引っ越し

phpMyadminが使える環境であれば、エクスポート > エクスポートをトランザクション囲んで、形式をSQLに指定し、ファイルに保存にチェックを入れて、実行を押せばダウンロードが始まります。

ワードプレスお引っ越し2

phpMyadminが使えない場合は、ワードプレスにログインして、左メニューのツール > エクスポートをクリックします。

ワードプレスお引っ越し3

エクスポートする内容を選択する画面になるので、すべてのコンテンツをチェックし、エクスポートファイルをダウンロードボタンをクリックすると、xmlファイルがダウンロードされます。

3:1のファイルを新規サーバーにUP

1でzipでしたファイルを新規サーバーにUPします。

UPしたzipファイルを解凍します。SSHが使えない場合は、下記のファイルをphpファイルとして保存して、解凍対象のディレクトリと同じ階層にUPして、ブラウザでアクセスします。

正常に解凍されましたと、画面に表示されればOKです。

4:wp-config.phpの書換

ワードプレスお引っ越し4

MySQL データベースのユーザー名、MySQL データベースのパスワード、MySQL のホスト名を、新規サーバーの内容に書き換えます。

5:2のファイルを新規データベースにインポート。

ワードプレスお引っ越し5

2でエクスポートしたファイルをインポートします。phpMyadminの場合は、インポート します。

ワードプレスお引っ越し6

ワードプレスお引っ越し7

phpMyadminがない場合は、ワードプレスの左メニュー > ツール > インポート > WordPressを選択 > Import WordPressから、xmlファイルをUPします。

パーマリンクの設定などを更新して、きちんと実際のサイトが表示されればWordPressのお引越しは完了です。

参考にさせて頂いたサイト

PHPからフォルダ構成ごとzip圧縮 – ひよっこPGの技術メモ・英語・ギターのブログ。

スポンサーリンク

シェアする