301リダイレクトでドメイン変更!Googleから手動スパムのお知らせがまた来ました。

301リダイレクトでドメイン変更!Googleから手動スパムのお知らせがまた来ました。

またまた、googleからスパムのお知らせがきました。

このドメインは私が2年前に新規購入して、リンクを購入して、サイト作成後1ヶ月で狙っていたキーワードで、5位あたりにいたサイトです。

前回は私が行ったものではなかったので、頑張ってスパム解除をしましたが、今回の原因は私です。

なので解除申請はせずに、ドメインを変更して新たにやって行きたいと思います。
もうリンク購入しない。ゼッタイ。

スポンサーリンク

ドメイン変更までに流れ

1:ドメインの購入

2:既存サイトをサーバーからダウンロード

3:ドメインの一括置換

43のファイルをzipして、UPし解凍

5:WordPressのドメイン置換

6:GoogleAnalyticsのサイトURL変更

7:.htaccessを使いペナルティサイトを別ドメインに301リダイレクト

1:ドメインの購入

まずはドメインの購入。狙っているキーワードがドメインに入っていたほうが、SEO的に良い気がするのでキーワードを含んでいてユーザーが覚えやすいドメインを、お名前.comで購入。

購入したらネームサーバーを指定ましょう。

どこで購入しても良いけど、管理しやすかったのがお名前.comだったので。

2:既存サイトをサーバーからダウンロード

今WEBにあるファイルを全部ダウンロードします。

zip形式に圧縮して、ダウンロードしたほうが早いので今あるファイル全部をzipします。

WordPressを引っ越す際に使用した、phpファイルでzipできるやつを今回も使います。

zipで圧縮したら、FTPでアクセスし、zipファイルをダウンロードします。

3:ドメインの一括置換

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、全ファイルの昔のドメインを、新しいドメインに変更します。

例)
ペナルティ受けた変えるドメイン www.old.com
新しいドメイン www.new.com

全ファイルの置換には、DreamerWeaverを使用しました。

ctr+Fで検索を立ち上げて、検索対象の文字と置換対象の文字を入力します。

入力したら、検索対象をフォルダにして、先ほど解凍したフォルダを指定します。

tr1

sublimetext2でも良いですし、一括置換ができるツールであれば何でもOKだと思います。

4:3のファイルをzipして、UPし解凍

3で置換したファイル一式を、zipして、新しいドメインを載せるサーバーにUPします。

UP完了したら、今度は解凍します。解凍も前回使ったphpでzipを解凍できるやつを使います。

5:WordPressのドメイン置換

今回のサイトは、WordPressも入っていたので、WordPressのデータベース内に入っているURLも新しいドメインに変更します。

使用するのは、WordPressの引っ越しの際に使用した、searchreplacedb2.phpです。

あとconfig.phpは今回データベースの変更はないのでそのままです。

6:GoogleAnalyticsのサイトURL変更

3で一括置換したけれど、GoogleanAlyticsのIDはそのままなので、GoogleanAlyticsのビュー内にある、ドメインを変更します。

tr2

7:.htaccessを使いペナルティサイトを別ドメインに301リダイレクト

ここが多分いちばん重要。

新規ドメインに変更するのは良いけれど、せっかく上位にいるページ(ペナルティを受けたページ以外)もゼロからのスタートは勿体無いので、301リダイレクト(.htaccess使用)をして評価を引き継ぎます。

でも、ペナルティを受けてるページも301リダイレクトさせると、ペナルティも引き継いでしまいます。

そこで、ペナルティを受けていたページ(TOPページ)は新規ドメインTOPページに301リダイレクトさせないで、中間ページ(ペナルティを受けたドメインにページを作成する)に飛ばす。

その中間ページをrobot.txtでDisallowさせて新規ドメインのTOPにリダイレクト。

この方法だと、中間ページはGoogleに認識されないので、新規ドメインへのリダイレクトも認識されない(評価も引き継がないのでペナルティも引き継がない)ようです。

でも、ユーザーは通常どおり新規ドメインへリダイレクトされます。

参考にさせて頂いたサイト

ペンギン対応? ペナルティを引き継がずにリダイレクトする方法 | 海外SEO情報ブログ
スポンサーリンク

シェアする