Google Analyticsでの「滞在時間」の難しさを解説。

Google Analyticsでの「滞在時間」の難しさを解説。

Google Analiticsの滞在時間の考え方は理解するのに少しだけ複雑だ。

今回はこの滞在時間を簡単・わかりやすく解説していきたいと思う。

スポンサーリンク

滞在時間の考え方

Google Analyticsの「滞在時間」考え方は、以下のようになる。

次に閲覧したページの閲覧開始時刻と、前ページの閲覧開始時刻との差

例をあげると以下のような表になる。

閲覧ページ 閲覧開始時刻 滞在時間
Aページ 19:14:00 40秒
Bページ 19:14:40 15秒
Cページ 19:14:55 0秒

Aページの閲覧開始が、19:14:00 Bページの閲覧は 19:14:40 なので、Aページの滞在時間は40秒となる。

一方で、Cページは次の閲覧ページが無いため、計測不能のため0秒となる。これが、直帰だと滞在時間が0秒になる理由だ。

平均セッション時間と平均ページ滞在時間

平均セッション時間とは

平均セッション時間とは、各セッション(訪問)の滞在時間を足して、セッション数で割ったものをさす

セッション(訪問) 滞在時間
Aセッション 20秒
Bセッション 40秒
Cセッション 0秒

上記のようなセッションがあった場合、平均セッション時間は 20秒になる。(20秒+40秒+0秒)÷  3セッション

平均ページ滞在時間とは

平均ページ滞在時間とは、対象のページの平均滞在時間のことをさす

Xセッション Yセッション Zセッション 平均ページ滞在時間
Aページ 20秒 10秒 0秒(直帰) 10秒
Bページ 30秒 0秒(離脱) 30秒
Cページ 0秒(離脱)

Aページの平均ページ滞在時間10秒になる。各セッショの合計(20秒+10秒+0秒)÷ 3セッション
※直帰もセッションとしてカウントしている。

一方で、Bページの平均ページ滞在時間30秒となる。離脱の場合は集計から外す点がややこしい。

離脱や直帰のページも滞在時間を計測するには

ページ内でインタラクションヒットに該当するヒットを発生させればOKだ。

インタラクションヒットとは以下のことをさすが、ページ内で起こすのは2のイベント トラッキングのヒットになる。

ちなみに、1のページトラッキングは、ページビュー(ページにアクセスした際に発生)する。

  1. ページ トラッキングのヒット
  2. イベント トラッキングのヒット
  3. e コマース トラッキングのヒット

イベントには、GTMを連携した以下の方法があるので、時間のあるときに目を通しておいてほしい。

Google Analyticsで直帰ページの滞在時間を計測する方法
Google Analyticsで直帰ページの滞在時間を計測する方法
グーグルアナリティクスでは、ユーザーが直帰したページの滞在時間の計測はされないようになっています。 そのため、blogみたいな1ページ...
Google Tag Manager(GTM)を利用して、スクロール量を計測
Google Tag Manager(GTM)を利用して、スクロール量を計測
Google Analyticsでは残念ながらスクロール量の計測が苦手である。 そこで、スクロール量が数字化して見えるように、GTM(...
Googleタグマネージャーを利用して、クリックされた場所を把握
Googleタグマネージャーを利用して、クリックされた場所を把握
Googleタグマネージャーを利用してクリックされた箇所(文章のテキスト)を把握する方法です。 以前は、クリックリスナー(クリックされ...

スポンサーリンク

シェアする