【保存版】Googleアナリティクスで解析を始める前に設定しておく事

【保存版】Googleアナリティクスで解析を始める前に設定しておく事

まずは、解析を行う上で設定しておきたい、ビューの設定方法から。

スポンサーリンク

Googleアナリティクス ビューの設定方法

1つのビューだけで、解析を行っている人たちを見かけます。

非常に、もったいない。

解析をするなら、ビューを分けましょう。

Googleアナリティクスで解析をする前に、作成しておくビュー

ビューは必ずオリジナルデータのビュー(フィルタのかかっていない素のデータ)を残しましょう。

素のデータをのこしつつ、新しいビューに対し設定を行っていきます。

私が作るビューは最小で、以下の5つになります。

  1. ○○サイト_PCデバイス(2015-08-20)
  2. ○○サイト_Tabletデバイス(2015-08-20)
  3. ○○サイト_mobileデバイス(2015-08-20)
  4. ○○サイト_全デバイス(2015-08-20)
  5. ○○サイト_素データ(変更不可)

最低限デバイスごとにビューを分けて見れるようにしておきます。(デバイス事に分ける方法は、後ほど記載します。)

また、データをいじらない素のデータは必ず保存しておきます。

命名規則は小学生が読んでも、意味の分かる内容にしましょう。
私は、サイト名_デバイス(作成日)という形にしています。

ビューの基本設定作業

①ビューのコピー

ビューを複製

②ビュー名

サイト名_デバイス(作成日)

③ウェブサイトのURL

計測対象のURL(末尾に/は入れないこと)

④タイムゾーン

ユーザーのタイムゾーンに設定

⑤デフォルトのページ

yoursite.comと、yoursite.com/index.htmlが同じページの場合、index.htmlと入力する。

⑥URLクエリパラメータの除外

広告測定用のパラメータなどの入力。cid(adobe analytics)など

⑦通貨

ユーザーの通貨に設定

⑧ボットのフィルタリング

スパムリファラーの除外(ノイズの除外)。スパムリファラーが100%除外されるわけではありません。

そのため、ノイズの除外はフィルタでも行います(後ほど記載します。)

⑨サイト内検索のトラッキング

サイト内検索がある場合は、必ず利用したほうが良い。サイト内でユーザーが何を求めているか把握しやすくなる。

サイト内検索をして、URLの=でつないでる左辺の文字を登録する。

例)このサイトで、Googleアナリティクスと検索した場合
https://liapoc.com/?s=Googleアナリティクス

ビューのゴール(目標)設定作業

完了ページ以外も登録しよう。カートトップへのアクセス、電話クリック、滞在時間等

完了ページを設定するときは、必ずゴールフローを入れること。

これにより、

ユーザー最初のステップからか、それとも途中から入ってくるのか?
プロセス途中にユーザーが離脱するステップがあるか?

などが分かるようになる。

Googleアナリティクスの目標設定していますか? | Googleアナリティクス | ひびの備忘録

Googleアナリティクス フィルタ設定

フィルタはビューに適用します。ビューのデータを加工することが可能になります。

具体的には、特定のデータ抽出や除外、集約に使います。

デバイスに分ける方法

先ほど記載した、3つのビューに対して行います。

  1. ○○サイト_PCデバイス(2015-08-20)
  2. ○○サイト_Tabletデバイス(2015-08-20)
  3. ○○サイト_mobileデバイス(2015-08-20)

上メニュー > アナリティクス設定 > アカウント > すべてのフィルタ

フィルタ名は分かりやすく、あとから誰が見てもわかるようにしましょう。

フィルタの種類 > カスタム

一致を選択し、フィルタフィールド > デバイスのカテゴリ > パソコン

フィルタはアカウント間で利用可能です。そのため、ビュー毎に適用させる必要はありますが、ビュー毎に作成する必要はありません。

firuta_tekiyou1

今回作成したのは、PC用のフィルタなので、○○サイト_PCデバイス(2015-08-20) に適用します。
同じ作業を、tabletとモバイルのフィルタを作成し、対象のビューへ適用します。

自社アクセス、スパムリファラなどのノイズを除外

まずは自社IPの除外から。自社のIPアドレスが固定IPの場合のみ利用できます。

固定IPでない方は、任意のページを作成し(外部からは検索できないようにする)その任意のページにアクセスした人を除外しましょう。

固定IPアドレスの場合

① フィルタ名

わかりやすければ何でもOKかと。

②定義済みを選択

③除外を選択 IPアドレスからのトラフィック  等しい

④IPアドレスを入力

IPアドレスがわからない場合、確認くんで確認。

赤字になっている数字がIPアドレス。

固定IPアドレスがない場合のGoogleアナリティクスでのアクセス除外方法
固定IPアドレスがない場合のGoogleアナリティクスでのアクセス除外方法
管理者や、記録を除外したいユーザーだけがアクセスするページを作成して、そのページにカステムディメンションをつけたトラッキングコードを実装しま...

スパムリファラ-の除外

リファラースパムとは、実際に人間がアクセスするわけではなく、ロボットが機械的にWEBサイトへアクセスします。

アクセスを行う理由は、解析ソフトに足跡を残し、その足跡を辿ってきたユーザー(Webサイトの管理人)を広告サイトへ誘導するためです。

そのため、直帰率は100%が多く、解析を行うのに非常に邪魔な存在です。

リファラースパムを除外するGoogleアナリティクス カスタムセグメント | SEO対策 LYKAONエンジニアブログ

除外方法は下記のようなフィルターを作成すればOKです。

フィルタ名

何でも良いです。

フィルタの種類

カスタムを選択

フィルターフィールド

参照を選択

フィルタパターン

正規表現でスパムフィルターのドメインを入れていきます。

下記のサイトでフィルターに入力する、リファラースパムリストを作成してくれいますし、リファラースパムの除外フィルター作成方法がわかりやすく乗っています。

アナリティクスでのリファラスパム対策方法+フィルタ用コピペリスト | 自営でイエイ
スポンサーリンク

シェアする