広告運用をする際に心がけて欲しいこと

広告運用をする際に心がけて欲しいこと

広告を自社で運用する場合(インハウスに心がけておいて欲しい事を書きたいと思う。

といっても運用者ではなく、運用者の上司にあたる人たちにだ。

広告運用は7割は地味な作業がだと思う。

  • 定期的なクエリの精査
  • 配信ターゲットがずれていないかの確認
  • 競合の動きの確認

などは地味な作業だと思う。

ただこの地味な作業がないと、効果的な広告運用は出来ない。
一方で、

  • どの広告(広告文やバナー)にするかなど
  • どのターゲットに配信するか、

は広告運用において楽しい部分(運用者の特権)に位置すると思っている。

スポンサーリンク

広告運用の楽しい部分を奪う上司

そして上司は、この美味しい楽しい部分に意見を言いがちだ。

自社の品質を落とす下品なクリエイティブにNGを出すのは良いが、テニオハや色、訴求するポイントなど、ターゲットは、運用者にゆだねるべきだと思っている。

広告の目的は、コンバージョンを獲得するところであれば、そのコンバージョンの数、CPAだけ把握しておき、運用は運用者にゆだねるべきだと私は考えている。

その方が運用者のモチベーションはあがるし、先に述べた地味な作業が報われる。

データに基づかない意見はゴミ

もっというと、データ(CTRやCVR)を基にしていない意見なんて、ただの思いつきに過ぎないと私は思っている。

もちろん思いつきも重要だと思う。思いつきがたまにbreakthroughを起こしている事も否定しない。

ただ、運用型の広告でデータが取れている以上、仕事なのだし極力失敗のしない方法で、最大化していくべきだと思っている。

部下に任せてみて数字が上がらなければ

数字が上がらなければ上司はアドバイスを言うのも良いだろう。ただその際も、データに基づいてアドバイスをしてあげるべきである。

思いつきで言うときは、「思いつきも何だけど」といって欲しい。それだけで、随分と運用者の心は楽になる。

運用者の人はデータを収集する癖をつけよう

私もそうだか、他人の運用している広告には口を出したくなる。責任を負わないので気楽だからだ。

そんな思いつきな意見にどのように向き合えば良いか。

思いつきが力を持たない場合(発言力のない人の意見)であれば、イラっとするが、運用には影響はない。

「責任を負わない馬鹿が何か言ってるな」程度に思っておいて良い。

問題は、発言力のある人に対しても対応だ。
間違った思いつきも、発言力がある人の場合、実施せざるおえなくなる。

明らかに運用にはマイナスになりそうな場合(もしくは以前行い、効果がなかった施策)は止めるべきだろう。

その際に有効になるのがデータだ。
広告管理画面からのデータ、Googleアナリティクスのデータ等で説明し、思い留めてもらおう。

アドワーズは過去何年も遡ってデータが見れるが、YAHOOなどはある程度までしか遡れないのでデータをダウンロードしておこう。

Googleアナリティクスも一応データ保存期間は2年間といわれているので、必要なデータダウンロードしておくのが良いだろう。

データを見せて説得を試みたが、実施せざるおえなくなった場合。

明らかに失敗するのが見えおり、止めたのに実施されてしまった場合は、残念だかその会社はダメだろう。

過去のデータに基づいた改善や施策が取れないのだから、成長は無いと思っても良いかもしれない。

といっても、サラリーマンなので辞めるわけにはいかない。何としても被害を最小限にとどめるべきである。

そんな時に利用したいのが、Googleオプティマイザー(β版なのでまだ本格利用は先かも)、やGoogleアナリティクスで利用出来るABテスト、アドワーズで利用できるABテストになる。

とりあえず、既存のものと新しい施策を比べ、どちらか効果が良いか検証しよう。

検証して効果がないとなれば、
発言者力のある人の声は小さくなる。

もちろん、小さくなり過ぎると、何も生み出さない組織になるので、たまに「迷っていて、アドバイスください。」なんていってあげると、上司も喜ぶだろう。

そのアドバイスを実施しなくても。

私の所属している会社では、一切口を出す事もされず、そのおかげで3年間で集客は順調(コンバージョンは2倍、広告費は3割減)

まとめ

上司は欲しい、コンバージョン数、コンバージョンの質、コンバージョン単価を運用者のに伝えるだけで良い。

それをどう管理するかは運用者に任せるべきであり、任せる事で運用者は楽しく責任を持って仕事が出来る。

スポンサーリンク

シェアする