Googleアナリティクスの参照元とは?【5分で完璧理解】

Googleアナリティクスの参照元とは?【5分で完璧理解】

2018年3月17日Google Analytics

Googleアナリティクスの管理画面に、参照元という項目があります。この参照元がGoogleアナリティクスを触り始めたWeb担当者には厄介なようです。

メディアと参照元の違いで混乱をするようです。今回は参照元とメディアについて詳しく説明していきます。

Googleアナリティクスの参照元とは

簡単に言うと、参照元はユーザーが「どこから来たか」ということです。

Googleの自然検索経由であれば参照元はgoogleになります。Yahooの自然検索の場合は参照元はyahooになります。

Facebookのシェアからの場合はfacebookになりますし、他のサイトからのリンクであれば、そのサイトのドメインが記録されます。

参照元は必ずしも正確ではない

参照元が無かった場合、Googleアナリティクスでは前回の参照元が記録されます。

例えば、初回のアクセスはAサイト経由で来たとします。この場合、参照元は「Aサイト」となります。
2回めのアクセスは、ブックマークから来たとします。この場合、本来は参照元は「無し」となります。

しかしながらGoogleアナリティクス上では、2回めの参照元は「Aサイト」となります。

解析を行う上で、こういったGoogleアナリティクスの特性を理解しておく必要があります。

PR

参照元はメディアと併せてみる

Googleの有料検索の場合でも参照元はgoogleとなります。yahooの有料検索の場合も参照元はyahooとなります。

このままでは、自然検索なのか、有料検索なのか判断出来ません。そこで利用するのが「メディア」になります。

つまりメディアは「参照元の種類」を判別するものだとお考えください。

参照元には以下のようなものがあります。

メディア Googleアナリティクス上での表示
有料検索 cpc,ppc,paidsearch
ディスプレイ広告 display,cpm,banner
他サイトからの流入 referral
自然検索 organic
その他の広告 cpv,cpa,cpp,content-text,affiliate
ソーシャルネットワーク social,social-network,social-media,sm,social,network,social media
メール email

メディアは正確でない場合がある

上記で記載したメディアは、デフォルではつかないものも存在します。例えばメールです。
他には、yahooの有料検索もデフォルトではメディアは「organic」となってしまいます。

そのようにならない様にするためにUTMパラメーターというものが存在します。

PR

参照元 メディアの表示方法

レポート > 集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア から表示できます。

先ほど説明した、参照元 メディアを元に上をみていくと以下のようになります。

yahoo/organic

yahooの有料検索での流入

google/cpc

googleの有料検索での流入

google/organic

googleの自然検索での流入

twitter.com/social

Twitter経由での流入

tlp.edulio.com/referral

tlp.edulio.comというサイトにあるリンクからの流入

まとめ

参照元とメディアをかけ合わせてみることによって、ユーザーが「どこから(参照元)」「どのように(メディア)」きたか把握することができます。

あとは、「どこからどのように」きたユーザーが売上につながりやすいか等を解析し、そういったユーザーの流入を最適化していきます。

併せて読むことでGoogleアナリティクスの実力が身につきます