【簡単】Googleタグマネージャー使い方、完全最新ガイド。3ステップで簡単設定。

【簡単】Googleタグマネージャー使い方、完全最新ガイド。3ステップで簡単設定。
スポンサーリンク

タグマネージャーとは

タグマネージャーとは、その名の通りタグをマネージメントできるツールである。

今回は無料で利用できる、Googleタグマネージャーを例に説明していきたいと思う。

まずは、どのようなタグが管理できるのか説明していく。

Googleタグマネージャーで管理できるタグ

  • GoogleAnalytics
  • AdWords関連のタグ(コンバージョンタグ、リマーケティングタグ)
  • DoubleClick 関連のタグ
  • 上記以外のタグ(任意のhtmlを挿入できます)

htmlまで挿入可能なため、基本的には何でも管理することができる。

Googleタグマネージャーを導入するメリット

タグが一元管理できる。

複数のタグ(GoogleAnalyticsやAdwords、Yahooプロモーション、その他DSP広告など)を一つの管理画面から管理することができる。

複数のサイトを管理している場合など、1つのタグマネージャーを入れることによって、タグ管理の煩雑さから開放される。

ブラウザ経由の管理画面からタグを挿入できるため、サーバーのFTP情報が無くてもOK。

企業によっては、サイトのソースを変更する際に、情報システム部に依頼をする必要があると思うが、依頼をせずにWEB担当者がタグを自由に実装できるようになる。

また、制作・管理のすべてを代理店にまかせている場合などでも、WEB担当者が好きな時に、タグを実装することができるようになる。

Googleタグマネージャーを実装する3ステップ

1:まずは、Googleタグマネージャー公式サイトからログイン

新しいアカウントの追加 > 任意のアカウント名

コンテナの設定 > コンテナ名も任意で。(サイトのドメインが推奨)

コンテナの使用場所 > ウェブサイトの場合を想定しているので、ウェブを選択。


Googleタグマネージャーを実装する3ステップ

利用規約を承諾

Googleタグマネージャー利用規約を承諾

2:タグマネージャーをインストール

インストールとあるが、実際は計測対象の全ページ<body>直後に下記コードを挿入する。

タグマネージャーをインストール

ワードプレスの人は、テーマファイルのheader.phpあたりに、<body>タグがあると思うので、その下にコードを挿入すればOKだ。

ワードプレスでない場合(静的ファイルで作成)は、一括置換をオススメする。一括置換は以前書いたDreamweaverを利用した方法や、無料ツール(GrepReplace)を利用した方法がある。

3:GoogleAnalyticsのタグを、タグマネージャーに実装する

タグマネージャーをインストールしただけでは、何も起こらない。Webの解析を行う場合、GoogleAnalyticsのタグを実装する必要がある。

まずは、新しいタグをクリックする。

GoogleAnalyticsのタグを、タグマネージャーに実装する

GoogleAnalyticsを選択する。

GoogleAnalyticsを選択する。

タグの名称を入力し、タグの種類を選択する。

タグの名称を入力し、タグの種類を選択する。

トラッキングIDを入力する。

トラッキングIDはGoogleAnalyticsの画面にアクセスし、上メニューのアナリティクス > プロパティ設定 > から確認が可能だ。

UA-から始まっているものが、トラッキングIDになる。UA-xxxxxxxx-x 

ディスプレイ広告向け機能はチェックを入れる。

トラッキングタイプはページビユーを選択。

トラッキングタイプはページビユーを選択。

配信タイミングは、すべてのページは選択。

配信タイミングは、すべてのページは選択。

タグを作成ボタンを押せば、タグが出来上がる。

出来上がったタグを公開すれば、タグマネージャーを実装した全てのページに、GoogleAnalyticsのタグが配信される。

タグマネージャーを実装した全てのページに、GoogleAnalyticsのタグが配信

タグマネージャーから、タグが配信されているか確認する

タグが問題なく配信されているか確認するには、2つの方法がある。

ひとつは、Chrome拡張機能の、Tag Assistant (by Google)を利用する。

もう一つは、先ほどの公開をする前に、プレビューボタンを押して、対象のページにアクセスする方法だ。

対象のページにアクセスすると、下記のような画面が下から出てくる(Google Chromeのみ)。

Tags Fired On This Event:となっているところに、先ほど作成した名前が出ていればOKだ。

Tags Fired On This Event:

Googleタグマネージャーの用語や仕組み

Googleタグマネージャ-の、用語や仕組みを理解しておく

仕組みに関して

アカウントの中にコンテナを幾つも作成できる。コンテナ毎にタグマネージャーのコードが存在する。

つまり、コンテナ = タグマネージャーと理解してほしい。

コンテナの中にタグを作成する形になる。タグ単体では何も動作しない。タグと、トリガーを掛けあわせて初めてタグが発動する。

先ほどの例では、GoogleAnalyticsのコードを入れたタグ(仮にユニバーサルタグとする)と、すべてのページ(トリガー)を掛けあわせてことによって、全ページにユニバーサルタグを実装することができた。

トリガーには、ページを指定したもの、クリックした場合、任意の時間など様々のものが存在する。

このトリガーと変数、タグを組み合わせることによって、外部サイトへの遷移を計測や、pdfやファイルのダウンロードを計測複数ドメイン計測mailto・tellの計測などできるようになる。

まとめ

タグマネージャーは非常に便利なツール。一回インストール(設置)してしまえば、あとはブラウザからタグの管理ができ、そのWEBに関わる人(情報システム部や、制作屋、WEB担当者)の工数・やり取りが減って幸せになれる。

タグマネージャーが出てきた、2012年頃に比べると情報も沢山出てきているので、まだ実装してない人は是非実装して欲しい。

スポンサーリンク

シェアする