Googleタグマネージャーの設置場所について

Googleタグマネージャーの設置場所について

Googelタグマネージャーの設置場所はどこか良く質問を受けます。
この機会に、各種タグの推奨設置場所のおさらいをしておきましょう。

下記は過去のGoogleタグマネージャーの場合です。最新のタグマネージャーでは、一部<head>内と一部<body>の直下に設置します。

Googleタグマネージャーの設置場所(新しいスニペットコード)
Googleタグマネージャーの設置場所(新しいスニペットコード)
2016年11月にGoogleタグマネージャーのスニペットコードが新しいなりました。 これに伴い、新しいスニペットコードは設置場所が一...
Googleタグマネージャーの設置場所は、<body>の直下です。

Yahooタグマネージャーは、</body>の上です。Googleタグマネージャーとは違うので注意が必要です。

Google Analyticsの設置場所は、</head>の上です。

最近、外部のコーダーの方にGoogleタグマネージャーの実装を依頼すると、</body>の直上に入れられるケースが多々ありました。

Googleタグマネージャーは、必ず<body>の直下に入れるようにお願いします。

※Googleタグマネージャーは、実はどこに設置しても問題なく動作するようですが、せっかくタグマネージャーを設置するのであれば推奨されている設置場所に設置しましょう。

スポンサーリンク

他にも良く読まれている、グーグルタグマネージャー関連記事

Googleタグマネージャーで、pdfやファイルのダウンロードを計測
Googleタグマネージャーで、pdfやファイルのダウンロードを計測
GTMが新しくなり、実装方法がかわったので新しく書きました。 以前のGoogel Analytics(非同期コード)が...
Googleタグマネージャーで、外部サイトへの遷移を計測
Googleタグマネージャーで、外部サイトへの遷移を計測
先日、WEB制作会社さんから、下記の内容を実装するのに、50万円という見積を頂きました。 Universalアナリティクスの設置 ダウン...
Googleタグマネージャーで、mailto・tellの計測
Googleタグマネージャーで、mailto・tellの計測
先日、WEB制作会社さんから、下記の内容を実装するのに、50万円という見積を頂きました。 Universalアナリティクスの設置 ダウン...
【超カンタン】Googleタグマネージャーでクロスドメイントラッキング
【超カンタン】Googleタグマネージャーでクロスドメイントラッキング
グーグルアナリティクスでクロスドメイン(複数ドメイン)を計測する方法。
スポンサーリンク

シェアする